ふゆキャン△~ソロで冬キャンプを楽しむための秘訣!~

キャンプ

皆さん、こんばんわ! 次のキャンプの予定を立てたくてうずうずしているjenです。

今回は、ソロで冬にキャンプに行きたい!というソロキャンパーさん必見の内容を書いていきたいと思います。冬のソロキャンプって結構ハードルが高いイメージがありますよね。自分も始めるまではそうでした!(ただ雪が積もった中でのキャンプはいまだ体験できていません。。だってバイクとロードスターじゃいけないんだもん笑)

・冬キャンプに行ってみたいけど、どんな道具があればいいの?

・暖房器具がないとできないんでしょ?

・夜寒くて寝られないのはいやだなー

このようなお悩みを抱えている方は、騙されたと思って読んでみてください。

冬キャンプは夏キャンプに比べて快適!?

皆さん、キャンプと言えば夏のイメージを持っているという方は多いんではないでしょうか?

避暑地に行ってキャンプ、川辺で水遊びもできるキャンプなど、魅力的なキャンプの仕方が沢山ありますよね!実は冬キャンプも夏に負けないくらい魅力的なことが多いんです!

まずはその魅力について紹介していきます!

その1 虫も人も少ない!

冬の時期は、夏に比べて虫が圧倒的に少ないです!キャンプに興味があっても、虫が苦手だからとなかなか手を出すことができない人にとっては朗報ですよね!また、冬は基本的にオフシーズンのためキャンプ場も空いていて、人目を気にせず、ゆったりとキャンプを楽しむことができますよ。(最近のキャンプブームで昔に比べると、空き具合のメリットは少なくなってきていますが、、)

その2 冬ならではの暖の取り方ができる!

冬ならではの暖の取り方!とても魅力的ですよね!どんなものがあるんでしょうか。

焚き火

やはり外せないのが焚き火ですよね!寒い夜には大活躍!料理にも、暖を取るにも使えるなんてすばらしいですね。焚き火で暖を取りながらコーヒーやお酒を飲んで待ったりできますよ。注意点としては、焚き火周辺は高温になり、顔など乾燥してしましますので、しっかり保湿もしましょうね!

薪ストーブ

みんなの憧れ薪ストーブ!料理に使ったり、テントに入れることのできるものを使用したりと、使うシーンによっていろいろなものがあります!見た目もおしゃれで、キャンプのムードを引き立たせてくれますよ!

その3 星空が綺麗!

冬は空気が冷たく、澄んでいるため、他の季節と比較して星が綺麗に見れます。冬の星空を眺めながらのお酒やコーヒーを飲むなんてロマンチックで素敵ですよね!

冬キャンプの装備のポイントをチェック!

続いては、冬キャンプを行うのに必要な装備について紹介します。冬用の装備は夏用と同じギアであっても耐寒性を重視して選択する必要があります。それでは、装備について見ていきましょう!

テント

冬の寒さの中でテント泊を行うなら、外からの冷気を通さない素材や構造を選択するとよいです。

ポイント①:テントの裾が長いものを選ぶ

裾が長ければ、隙間風や冷気などを防ぐことができます。

ポイント②:ベンチレーション機能

冬キャンプでテント内に暖房器具を入れて使用する方は、必要です。ベンチレーションがあることで換気や結露対策となります。上下解放できるタイプを選択しましょう。

ポイント③:テントの素材

コットンやテクニカルコットンが素材として使用されているものを使いましょう。コットンは通気性に優れているためテント内の結露の心配がありません。

ソロ冬キャンプにおすすめのテントはこちら!

ふゆキャン△~冬装備のおすすめ【テント編】~

コット

出典~DOD~

冬キャンプで快適な睡眠をとるために必要なものの一つがコットです。夏には風通しの良さから使用されるコットですが、冬では、寒さ対策となります。就寝時は、地面からの冷気がテント内に入り、就寝の妨げをしてきます。快適な睡眠をするために底冷え対策は徹底しましょう。

注意点としては、コット+シュラフでの睡眠です。これでは、底冷えをシャットアウトすることができません。地面からの冷気を遮るものが必要となります。

対策としては、地面とコットの間、コットとシュラフの間に断熱性のあるマットなどを入れましょう。その上に冬用のシュラフを置いて寝ることで、地面からの冷気を抑えることが可能です。レイアウト的には地面から、グラウンドシート→インナーシート→コット(間に荷物を入れる)→ウレタンフォームマット+エアマット(インフレータブルマットのみの代用でも可)→シュラフのような感じです!実際に私が行っております!これならテント内に暖房器具がなくてもへっちゃらです!

シュラフ

シュラフといっても、適用温度によってもかなり種類があります。自分が使用するシーンを想定し購入しましょう。私自身も春や秋口用、夏用、冬用で3種類ほど持っております。特に冬用のシュラフは適用温度の幅が広めなものであることと、密着率の高いものを選択することがポイントです。上下を切り離すことのできる、封筒型のシュラフもありますが、冬キャンプも視野に入れるなら断然マミー型(人型)シュラフがおすすめです!なんといっても身体との密着率が高く、寒さを感じやすい頭部分までスッポリ覆えるため、暖かさを感じながら眠ることができます。

出典~DOD~

また、化繊シュラフよりも断然暖かいという点で、ダウンシュラフもおすすめです!サイズもかなりコンパクトに収まるので、ソロキャンプにもおすすめです!

カイロ

部分的にも暖かさを感じると、身体は温もってくれます!特に大きな血管が通っていたり、大きな筋肉がある場所を温めましょう。具体的には、首、背中(肩甲骨当たり)、お腹(おへそより指2本分下にある気海というツボ)、足(太い血管のあるくるぶし周辺)です。ただし、注意点があります。長時間使用したり肌着等に貼って寝てしまうと低体温火傷になることもありますので、カイロといえど注意が必要です。

冬キャンプで暖を取る際の注意点!

最後に、冬キャンプを安全に快適に楽しく行うための注意点を紹介します!

注意点① テント内での火気の取り扱い

冬キャンプで暖を取る際に、テント内で石油ストーブや薪ストーブ等の暖房器具を利用される方もおりますよね?

テント内ではベンチレーションの効果はあれど、空気が滞留しがちです。そのため、テント内での燃焼器具の使用によって一酸化炭素中毒になる危険性があります。そのため、火気の取り扱いには十分注意しましょう。

注意点② テント内の結露対策

冬キャンプの大敵となる結露。テント内外の寒暖差によって発生します。テント内が結露して水滴が付着すると、そのしずくが垂れることでシュラフ等の寝具が濡れるだけでなく、テント内の熱を奪ってしまいます。そのため、テント内の喚起などで十分な対策を取りましょう!

万全の対策をとって冬キャンプを堪能しましょう!

空気が澄んでいて、星空が綺麗、そしてあまり人のいない最高の環境での冬キャンプを楽しむためにも、事前の準備と前知識は重要です!この記事を参考にして、冬キャンプに備えて、快適な冬キャンプをしましょう!