ソロキャンプで満足できるリーズナブルなテントを紹介!

キャンプギア

皆さん、こんばんは!jenです。最初の挨拶が思い浮かばなくなってきました笑

今回はキャンプを始めたばかりの初心者の方必見の情報です!おすすめ格安キャンプ道具【小型テント編】ということでネットでも購入できる格安のテントを紹介していきます。

安かろう悪かろうという言葉がありますが、安くても基本機能がしっかりとしているテントは多くあります。もちろん高いテントであれば間違いないのかもしれませんが、価格が高く、なかなか手だしできませんよね。私はそうです笑 そういう方のためにも、手の出しやすい価格で品質の良いものを紹介していきます!

リーズナブルなテントでもキャンプサイトで十分に活躍できる!

一般的なドームテントとはことなり、1~2人での使用を想定して作られているのが小型テントです。登山やバイクでのキャンプなど荷物の持ち運びに制約がある場合には、軽量でコンパクトにたためて、人力でも持ち運びが容易なものを購入しましょう!

整備されたキャンプ場でソロキャンプを楽しむなら、リーズナブルな製品を選択するのもおすすめです!シートの耐水圧が1000mm以下のものでも、気候がいい時期であれば十分、睡眠の質を確保してくれます。また一人用のテントには、睡眠を念頭に置いた長方形の床面構造、あるいは座る体勢を見越した正方形や六角形の製品があります。自身がキャンプで犠牲にしたくない点や、シチュエーション、体格に合わせて選択しましょう。

ここからは、アマゾンなどの通販サイトで購入することができる、予算8000円以下のテントを紹介していきます!

1.ケシュア ARPENAZ FRESH&BLACK 3人用

出典~DECATHLON~

このテントのうたい文句は、”風速40mの風にも耐える強靭なドームテント”です!そんな環境でキャンプするか!ってツッコまれそうですが、登山や海の近くなど天気が変わりやすい場所で急に風が強くなるようなシチュエーションありますよね?そういった場合でも、安心して使えるという面ではかなりコスパがいいです。構造は、2本のポールを交差させて立ち上げる簡単な気候を採用しているため、設営にも苦労しません。また、モスキートネットやベンチレーションも備えられていることに加え、独自開発のフライシートで遮熱、遮光、UVカットされ快眠間違いなしです!

【基本情報】

使用時サイズ:200×190×121cm

収納時サイズ:約Φ25×65cm

重量:約3.2kg

耐水圧:1時間当たり200mm/m2の水量テストで問題なし

定員:3人

ケシュアのテントはAmazonや楽天等では定価での販売がありません。(20年4月現在) ですので、正規販売店のオンラインショップでの購入をお勧めします!→公式サイトDECATHLON

2.テントファクトリー ドーム3L

出典~tentfactory~

次に紹介するのは、テントファクトリーのドーム3Lです。見た目のグリーンが鮮やかですよね!また靴などが置ける前室が備えられており、左右に設けられた窓から自由に風が通ることで、夏場など暑い時期であっても快適です。また床面はインナーテントのフロア構造を箱状にして水の侵入を抑えることができます。何よりフライコートは密度の細かいコーティング剤が塗布されているため、結露なども予防してくれます。

【基本情報】

使用時サイズ:210×270(インナーテント部210+前室60)×130cm

収納時サイズ:約Φ16.5×56cm

重量:約4.1kg

耐水圧:1500mm

定員:3人

3.BUNDOK ドームテント3

出典~BUNDOK~

続いては、BUNDOKのドームテント3です!こちらのテントは、価格の割に大人数で使用できる広々としたテントとなっております。設営に関しても、インナーを広げ、フレームを通した後に、弾力で立ち上げる自立式テントのためかなり簡単です!ただ、テントの耐水圧が600mm程度と若干不安な点がありますが、気候のいい時期のキャンプであれば、十分なスペックです。また、重量も2.5kgと軽量なのも魅力です!

【基本情報】

使用時サイズ:200×200×125cm

収納時サイズ:61×13.5×14cm

重量:約2.5kg

耐水圧:1500mm

定員:3人

 

4.テントファクトリー ソロドームS

出典~tentfactory~

続きましてはこちら!テントファクトリーのソロドームSです。こちらのテントは何といっても軽い!その重さはなんと1.3kg!!それでいて、夏季使用時には抜群の通気性、冬季使用時には抜群の保湿性を兼ね備えております。さらには耐水圧は驚異の5000mm!この価格帯のテントではなかなかありません。この価格で全天候、オールシーズン対応なので、かなりおすすめです!

【基本情報】

使用時サイズ:245×130×100cm

収納時サイズ:12.5×12.5×38cm

重量:約1.3kg

耐水圧:5000mm

定員:1~2人

5.BUNDOK ツーリングテント BDK-18

出典-BUNDOK

コスパ抜群のツーリング用テントです! 何を隠そうこちらのテントは私が最初に購入したテントです笑 キャンプに興味あるけどなかなか手が出せないよな~と悩んでいた矢先、こちらを見つけ即購入しました!決め手はもちろん安いところですね笑 なんと5000円弱で購入できます。実際に使ってみて、設営のし易さ、耐水圧、UV加工等、その値段とは思えないコスパ抜群のテントでした!  注意点としては、付属のペグとペグハンマーがちゃちかったので、別途用意するのが良いです!

【基本情報】

使用時サイズ:幅210×奥行210×高さ110cm

収納時サイズ:約46×13.5×13.5cm

重量:約2.3kg

耐水圧:約1000mm

定員:1~2人

 

6.キャプテンスタッグ クレセント 3人用 ドームテント

出典~captainstag~

最後は、こちら!キャプテンスタッグのクレセント!このテントは、設営時にポールをX型に交差させ立ち上げる基本的な構造のため、初心者の方でも難なく設営が可能です。また、雨の多い日本の気候に即して、全体を覆うフライシートは撥水性と通気性に優れて雨でも快適です。しかも、価格の割に広く、家族3人でも寝ることができます。

【基本情報】

使用時サイズ:幅200×奥行200×高さ130cm

収納時サイズ:約66×14×14cm

重量:約2.5kg

耐水圧:?

定員:3人

最後に

いかがでしたか?基本機能がこれだけ充実したテントがリーズナブルな価格で購入することができます!キャンプを始めようかなと思っている方は、はじめはこのようなテントから始めてみるのもいいと思いますよ?