何シーズンでも利用できる格安シュラフを紹介!

キャンプギア

皆さん、こんばんは!最近ブログ更新のさぼり癖が付いてしまったjenです。反省して更新を再開していきます!

今回は、格安キャンプギアシリーズ第2弾ということで、5000円以下で購入できるシュラフを紹介していきます。紹介するシュラフは値段の割に機能がしっかりしているため、普通のキャンプであれば十分満足して使用することができます!

キャンプ場1泊と同じ予算で何シーズンも使えるシュラフがベスト!

テントを立てた際に大切なことは、前もって地面の障害物やごみ。例えば小石や小枝などを極力取り除いておくことです。いざテントを張って、夜になり寝転んだとしても、背中に異物感があれば睡眠を阻害されてしまい不快な気分になってしまいます、、ここは結構蔑ろにされる部分なのでしっかり行ってくださいね!

さて、肝心のシュラフについてです!まず自分がキャンプを行う時期に合わせて、使用するシュラフの構造を選びましょう。

1.封筒型シュラフ

出典~Hilander~

最近のゆるキャンプブームで人気なのは、上の画像のような封筒型シュラフです。なぜ人気かというと、比較対象にされるマミーシュラフに比べて寝返りが打ちやすく窮屈じゃないんです!シュラフと体の間に適度な隙間が出来ているため、余分な熱気がこもりません。しかも先ほど言ったように寝返りが打ちやすいです。また寝心地以外に側面のジッパーを開けることで夏場に関してはさらに熱気を逃がしてくれます。さらに全体を開けばブランケットとしても利用できます!基本的に封筒型シュラフは春夏秋の3シーズン適応のものが多いです!

それでは、実際にAmazon等のネット通販で購入できる格安シェラフを紹介していきます。

ハイランダー 洗える3シーズンシュラフ

出典~Hilander~

Hilander 洗える3シーズンシュラフです。コスパ度がかなり高く、春夏秋と3シーズンの利用が可能!長さ185cmの封筒型が2枚セットで、それぞれ薄手と厚手となっています。夏は薄手、春秋は厚手と使い分けて快適な夜を過ごせます!実は2つをジッパーでつなげると家族での使用もできますよ!

【基本情報】

使用時サイズ:80×185cm

収納時サイズ:約Φ30×40cm

重量:約2.1kg

使用温度域:グレー;最低気温15度以上 ブラウン;5~15度

ビジョンピークス リバーシブルシュラフ

出典~ビジョンピークス~

続いて紹介するのは、ビジョンピークスのリバーシブルシュラフです。こちらはポリエステル素材の大型シュラフとなっております。封筒型で長さはなんと190cm!!かなり大型なので大抵の人であればゆったりと眠りを楽しむことができます。またリバーシブル仕様なので、汚れが気になってきたら裏返して使用することもできます!洗う際は必ず手洗いで行ってくださいね!

【基本情報】

使用時サイズ:75×190cm

収納時サイズ:約Φ22×38cm

重量:約1.0kg

使用温度域:最低気温15度以上

ダバダ 封筒型シュラフ

出典~ダバダ~

続いてはダバダの封筒型シュラフです。こちらは1人でも2人でも使えるオールシーズンシュラフになります。こちらも大型の封筒シュラフです。そのまま1人で使用するのはもちろん、ファスナーをすべて開いてブランケットとして2人で使用することも可能です。ブランケットの状態で同一モデルとつなぎ合わせれば大型にもすることができます。さらに家庭用の洗濯機での洗濯も可能です。

【基本情報】

使用時サイズ:80×185cm

収納時サイズ:約Φ22×38cm

重量:約1.3kg

使用温度域:最低気温5度以上

コールマン パフォーマーⅢ/C5

出典~coleman~

続いては、コールマン パフォーマーⅢ/C5です。快適温度は5度以上と、適用温度が低く、平地であれば一年を通して使える仕様となっております。封筒の構造をそのまま開いてブランケットとしても使用することができます。また使用中には胸元にスマホを數納するポケットが付いておりますよ!またこのシュラフも家庭用の洗濯機でm気軽に洗うことができます。

【基本情報】

使用時サイズ:80×190cm

収納時サイズ:約Φ24×41cm

重量:約1.4kg

使用温度域:最低気温5度以上

2.マミー型シュラフ

出典~DOD~

続いて紹介するのは、冬でのしように適しているマミー型シュラフです。冬などのかなり寒い場所でのキャンプに使用されており、上の画像でもわかる通り、封筒型シュラフとは異なり、身体に密着し体温を逃がさない構造になっております。また寒さを感じやすい頭部までスッポリ収めることができるため寒い環境でも安心して眠ることができます。

それでは、実際の商品を見ていきましょう!

キングキャンプ マミー型シュラフ

出典~キングキャンプ~

最近ではマミー型のシュラフより封筒型のシュラフが人気を博しておりますが、冬キャンプや登山などのハードな場所では断然マミー型のシュラフが安全です。体に密着して体温を逃がさないため意外と快適に眠ることができますよ。さらには頭まですっぽり覆える構造なので保温性◎。最低使用温度がマイナス13度となっておりますが、さすがにこのシュラフだけでは安全ではないためその他の防寒装備をしっかり行いましょう。

【基本情報】

使用時サイズ:80×55×215cm

収納時サイズ:約Φ23×39cm

重量:約1.7kg

使用温度域:最低気温-13度以上

ホークギア マミー型シュラフ

出典~ホークギア~

続いては、ホークギアのマミー型シュラフです。こちらのシュラフは丸洗いが可能となっており、防寒着の組み合わせでマイナス10度まで対応可能です。また、頭までスッポリ入れることが可能で、調整ヒモ付きなので頭周辺の密着性も調整が可能です。

【基本情報】

使用時サイズ:75×190cm

収納時サイズ:約Φ24×38cm

重量:約1.4kg

使用温度域:最低気温-10度以上

最後に

キャンプ用品の値段が高く、なかなか手が出せないと悩んでいる方!まずはコスパが良いものを使用してみてキャンプ沼にはまりそうであれば、ちゃんとしたものを購入するのも手ですよ!